BoatSeabass日記
シーバスを中心にボートフィッシングを楽しんでます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヒッチメンバーと牽引車の連結検討
なかなか更新しないオイラのブログですが、ボートに興味を持った人が見てるみたいなので、今回はトレーラーに関する情報を書きたいと思います。

先日、ボートを引っ張っていた車を買い換えました。

四駆だったんだけど、ギアがCVTなので、すべりすぎて加速が鈍くなってきた。

forsta.jpg

そこに中古のフォレスターが手に入ったので、さっそくヒッチメンバーを取り付け。

もちろん自分ではやらない。恐いから。

ところが、このヒッチ取り付けというのは、もちろんディーラーではやってくれない。(やってくれるところもあるらしいがほとんどやらない)

しかも中古車ならなおさらで、いろいろあたってみて四駆を専門に扱っている車屋さんに聞くと、登録は自分でやるならやってもいいよとのこと。

後でその理由が分かった。それはのちほど。

さっそくヒッチをネットで注文。
ブランドはいろいろあるけど、タグマスターがおすすめ。

ヒッチメンバーは外国製もあるが、作りがしっかりしたものを選ばないとあとで痛い目に遭う。

とくに、海用のボートを引くおいらは、絶対サビがしんぱい。

溶接で作ったちゃちいヒッチだと、数年後にサビで折れて、走行中に大事故になる恐れもある。

タグマスターはその車種専用のヒッチを作っていて、作りもしっかりしているので安心。取り付け穴がずれていて、取り付けられないという心配もない。

ネットでググるとアマゾンで扱っていた。しかも送料無料。

取り付け料は25000円でした。

さて、登録ですが、必要な書類を用意して、陸運局に提出するだけ。   ・・・なんだけど、これがややこしい。

オイラが参考にしたのはリトルハウス ←クリック

印刷してそのまま提出できるようになっているので便利です。

けん引可能なキャンピングトレーラ等の車両総重量の計算 でググると参考になるサイトがたくさん出てきます。

その計算書を作るのに必要なのが、登録する車のメーカー諸元表。
カタログでもいいそうですが、オイラの車は年式が古いので、ディーラーに行ってコピーしてもらいました。

検査受付で調べてくれるから、絶対必要ではないのですが、あったら計算書も作れるので、登録も時間がかかりません。

あとは、諸元表と車検書を見ながら、先ほどのサイトの連結仕様検討計算書をつくり、プリントアウトして陸運局へ持って行けば完了。

意外と簡単ですが、ちょっとしたこつがあります。

この、2月3月は年間で一番登録が多い時期なので、陸運局は混んでいます。
しかも、検査官は無愛想で、忙しいのもあって素人には冷たいです。

なので、午後3時以降、すいてくる時間を見計らって行きます。

そして、一番窓口の質問受付の人に笑顔で相談します。
すると、ピーク時をすぎて一段落したおじさんが、親切丁寧に教えてくれるので、いわれたとおりにすれば、かんたんに早く終わります。

OCRシートを買って、記入するのもごくわずかですから、代書屋に頼むのはもったいないです。それも質問窓口のおじさんが教えてくれるからかんたんです。27 - 1 (1)


おかげで、ぶじに車検証に950コード登録ができました。

費用はOCRシートが一枚20円で2枚買ったので40円のみ。

先ほどの、車屋がやらない理由がわかる。

めんどくさい。時間がかかる。事故を起こしたときの責任とリスク。その割にはもうけにならない。

これは、自分でやった方がお得ですよ。

これで、やっと牽引ありでETCが使えるし、車検も問題なし。

うーん満足。


シーバスですか?

釣れてますよ。

DSC_0193.jpg

DSC_0190.jpg
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 BoatSeabass日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。