BoatSeabass日記
シーバスを中心にボートフィッシングを楽しんでます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
New魚探 ホンデックス HE-61GP? !
つつついに!念願のホンデックス魚探 HE-61GP?を購入!

今までは、中古で買ったときからついていた、葵ソニックの16ビットの古いヤツを使っていて、動きも遅く、振動子をつける位置が悪いのか、全く使い物にならなかった。

ほかのボート仲間にも、「魚探使えねー」と言われていたので、新しい魚端を模索していたところ、先日のボートクラブの取材で、記者のコンちゃんが「ホンデックスの新型魚探GP?はイイよー」といったのが購入のきっかけ。

旧NAVMAN Orca 8084とどうしようかさんざん迷ったが、わかりやすい方が良いし、価格も手ごろなのでホンデックスに・・・・

SRMに注文して、一週間もたたずに入荷。

自分で取り付けることも考えたが、振動子の位置でまた失敗したくないので、SRMに行って社長と取り付けることに・・・・

午前中別府入りして、デルレイで待ち合わせ。

電話を入れると、「作業員が1人いるから、まえの魚探を外しておいて、後で行くから」とのこと。

みると、おじさんが1人いて、となりのウェイク艇「タントラム」を修理している。

あいさつして、作業していると、社長登場。

社長が言うには、作業員というおじさんは、実はハンマーヘッド開発の初代造船会社「アポロ」の社長だったのだ!(現在は農業)

なんと、18号艇のオイラのハンマーはこのおじさんが手がけたという!!びっくり”

本人も「クリエイトの元従業員です」とかウソこいていたから、普通のおじさんだと思っていた。

ケーブルを抜きながら、「ここはこうなっているから、こっちからこうやると・・・」なんて言いながら、オイラがいくらやっても出来なかった針金通しを一発でやってのけた。しかも普通の針金で・・・・

本物だ・・・

いろいろと開発当時の貴重な苦労話を聞きながら、2艇の作業を同時にやっていった。
SANY0543.jpg

もちろん、オイラも作業を手伝う。これはいつものこと。
作業の仕方を覚えておいた方が、次の挺装をするときに役立つ。

次回のLEDデッキライト取り付けの配線も通してもらった。あとは自分で出来る範囲。

お昼に3人で定食屋に行き、お決まりの「とり天定食」をごちそうになり、夕方4時に作業終了。
SANY0544.jpg

ネットで見ていた画像は、漁船についてる魚探のイメージがあって、「デザインが、おっさんくさいなー」と思っていたが、実際の物を見てみると・・・・・
SANY0546.jpg


かっ かっこいい・・・・


さらに、仕掛けがしてあって、取り付け架台にワンタッチで取り外しの出来るヤツをかませている。
これは、回転することが出来るので、コクピットの方からバウの方に回転させると、バウ側に立ったときにも魚探を確認することが出来る。いちいち後ろまで行かなくてすむのだ。

あとで、仕事帰りに遊びに来てくれたカナロアちゃんにこれを見せると、「いいねーいいねー」といってくれた。

むふふ・・・・これはオレのアイディアだじょー・・・

バウ側にも魚探つけなくてもすむし、バッテリー気にしなくても良いし。

次回の釣行で、HE-61GP?の使い心地を詳しくレポートしようと思う。


薄暗くなってきて、kiyoさんから電話。

風ありそうだけど、出ますかー?

むふふ。事前に連絡してナイトシーバスの約束をしていたのである。

「出るのはいいけど渋いよー」「わかってますよー」といいながらも、やる気満々。

kiyoさんと合流して、大分市へ移動。

8時頃出航。バースから攻める。

夕方強かった風も、夜になると大分市では凪ぎ。たまに風が吹くが、何とかキャストは出来る。

kiyoさんは、バウモーターの調整がたいへんだったと思うけど・・・

アジボイルあり。なかにはシーバスもいる。

静かに近づいてはキャストを繰り返すが、反応無し。

初めてのバイトは、アジ。
続いて、アジ。
またアジ。

アジかよーーーー・・・・でもおみやげに確保。

しばらくして、kiyoさんにやっとシーバスヒット。
SANY0550.jpg
さっすがです。ヒラセイゴ。

続いて、オイラにアジ。

場所移動して、アジ。

そして、kiyoさん、マルスズキ50?

朝の3時頃まで打ちまくって、背筋が痛くなり、電池切れ・・・・

釣果はいまいちだったけど、この時期はこれが普通。
それより、今回もまたまた師匠に目からウロコな技を伝授してもらった。

キャスティングで使える技である。
我流でやってきたオイラには、気づかない事であった。普通の人は知っていることかも知れませんので、あえて書きませんが・・・

今回も来て良かった。ありがとう別府湾。


結局オイラはアジしか釣ってません。

別府湾・・・・・やるな・・・・

おみやげキープで、帰りました。途中のパーキングで爆睡したけど・・・・
SANY0551.jpg

帰り着いて船を洗い、夕方に・・・嫁さんが夕食にアジとヒラスズキの刺身を作ってくれた。

これが両方ともうまい!アジの刺身がこんなにうまいとは知らなかった・・・・

3歳の息子も刺身をパクパク食べる。

オレ「そんなに好きなら、またパパが釣ってきてあげる」

嫁「まだ、前回のキスが大量にありますけど・・・・」

オレ「あっ・・・そっそうですか・・・・」

次回の釣りのために、キスを食いまくろう・・・・
みなさん、おさかなは食べる分だけ持ち帰りましょうね。・・・・・
スポンサーサイト

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

熱い男!N氏再び・・・
ボートクラブの取材とかで、遊んでいた分、超過密スケジュールのしわ寄せがきた。

もうだめだ、イライラする・・・と思っていたら、自分よりさらに過酷な仕事をこなすN氏から連絡が・・・

もう倒れそうだ・・・釣りに連れてって・・たのむ・・・エネルギーがぁぁーー

オレと同じような人がいた・・・釣りがビタミン剤の代わりらしい・・・

嫁に相談。

「倒れそうな人を救うため、釣りに行ってくる!」

「なにそれ?」

「あの、だから・・・釣りに・・・」

「はいはい、おにぎり何個いるの?」

「あっ・・・さっ・・3個でお願いします・・・」

理解ある嫁の心意気に感激しながら出撃。( iдi )

天気晴れ、気温25度、小潮、北西の風、波0.5?、波少々

この時期は数が出ない。釣れないことはないのだが、魚のやる気がない。

状況が渋いことは承知の上。今日はルアーを投げるだけでもいいのだ。

どうせ渋いのだし、せっかくだから、新しいポイントを開発するのも一つの手だ。

いつものコースをあえて外し、沖に出る。

今年設置された新しいポッキーを発見。とりあえずサーチ開始。

水深は浅い。2.5?しかない。
底の方をテールスピンでだだ引きしていると、ん?根掛かり?というようなバイト・・・

ゴミではない、動いている・・・この動きは・・・なんか覚えがあるぞ・・・・

うわーーーーエイやんー。いらんわー・・・フックはずすの怖えー  写真無し。

場所移動。

以前気になっていた鉄塔Bを目指す。

ん?なんか鉄塔Bの近くに船団が見えるぞ?何が釣れるんだろ?

プレジャーボートの人に聞くと、キスつりだそうな。良いサイズのキスが釣れるらしい。

「どもー」とあいさつをして、「キスタックルも持って来りゃよかったねー」と話しながら鉄塔Bに近づく。

N氏は「腹減ったー」と嫁が2人分作ってくれたおにぎりを食いだした。

「N氏打たないの?ならオイラが打つよー」

マッタリした雰囲気の中、ボートを寄せて鉄塔Bの足下にルアーをキャスト。

水深4.5?

潮に流されるボートをコパイロットで調節していたら、左手に持っていたロッドにグングンッと感触が・・・うそっ? マジっ? 片手で「うりゃっ」とあわせを入れる。

・・・・キター!!!・・・・

ボーとしていたオイラはいきなりのバイトにビックリ。
それ以上におにぎりを口いっぱいほおばっていたN氏はもっとビックリ。

鼻から米粒が飛び出すくらい驚いたらしい・・・・

キス釣りのおじさんも大騒ぎしているオイラ達に気づいてこっちを見ている。

いやーいましたよ。サイズはそうでもないけど、うれしい一本。
SN380902_0001_0001.jpg
「いやー今日は活性が高いと思っていたのよね。」なんて、釣れたから言えることであって・・・・正直よかったー・・・・( iдi )

あとは、N氏に釣ってもらわないと。

食い気のあるシーバスがいるとなると、ポッキー群も捨てがたい。
場所移動。

一番沖のポッキーを流し打ち。しかし、すぐにはバイトしない・・・

しばらくワイワイ会話しながらランガンする。

すると、またまた前触れもなしにN氏ヒット!きたっ!

ロッドは根掛かりしたかのように曲がっている。良いサイズに違いない。
しかもえらい遠くでエラ洗いしている。

ボートをまわして、少しずつ寄せていくと、途中でふっと軽くなった・・・・バラしてはいない。

魚体が見えてきた。おとなしくあがってきたかと思うと、ボートが見えたとたんゴイーンと潜っていく。
ドラグを調節して魚が弱るのを待つ。

よし、今度は・・・と思ったときに、なんとフックアウト!

惜しくもランディングできなかった・・・・

60アップはあったな。まちがいなく。

今日は小潮の割には流れが速かった。いつものことだけど。

潮の流れが変わって、少し落ち着いた頃に食い出すのが最近のパターン。

ベイトはよく見えた。鰯の稚魚だろうか。かなりの群れを確認した。ボラはあいかわらずバッシャンバッチャンやっている。

ごくわずかだが、やる気のあるヤツを探して、ランガンすればなんとか捕れるようです。
SN380901_0001.jpg


人気ブログランキングへ

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

雑誌「Boat CLUB」の取材。
いやいや、エライ事をたのまれてしもうた・・・

前回の日記の日、SRMのU社長から突然電話があり
「今度ボートの取材があるんだけど、熊本でやるのよ。手伝ってくれん?」だって・・・・

何やったら良いんですか?と尋ねると、
「トンボイの撮影艇を頼みたいんだけど、君のハンマーとの比較の写真とかも撮るからよろしくね」

ええええ???? 
マジッすか・・・・( iдi )


日頃、どシャローのストラクチャー打ちをやってるせいで、オイラのハンマーは、ペラの塗装は剥げ、サイドボディーは傷だらけ。

そんな状態で、雑誌なんかに載った日にゃぁ、ほかのハンマーオーナーに「何やっとるんだボケェ!」と怒鳴られるのが目に見えている・・・・

なんとかせねば・・・・と以前塗装やさんにもらっていた、青い塗料を倉庫の奥から引っぱり出して、百均に絵の具の筆を買いに行き、とりあえず塗ってみた。

のわ~~~ 色が違う~~
・・・・・余計に目立ってしまったーーー( iдi )


落ち着け、落ち着けオレ・・・こうなったら、いつものホームセンターの店員に聞くんだ・・・・

「グッデイ」へ直行・・・
「すんません、どうしたらいいんですか?」
「まだよく乾いてなければ、薄め液で拭いたら目立たなくなりますよ」
「あああありがとうございます・・・」「それください」

よし、まだ何とかなる・・・タオルに薄め液をしみこませ、拭いてみると、

おおおおお!!!
 きれいになっていくではないか!!


あとは、車用のワックスをガッツリかけて、ピカピカに磨きまくり完了。ついでにペラもスプレーで塗装。よし!

見た目はずいぶん良くなった。お化粧完璧。初期型のハンマーとは思えないぞ。

こうして、取材の日を迎えた。
・・・雑誌の取材なんて、むかしバイクに乗ってたとき以来だ・・・

朝7時にSRM社長と、回転寿司屋の駐車場で待ち合わせ。
そして、今回トンボイの熊本オーナー第1号のtomyさんと初対面。

「初めまして、よろしくお願いします」  イカツいおっさんかと思いきや、かなり若くて、ダンディなおじさん。

以前は、カートップでバリバリ釣りまくっていた、ベテランアングラーだ。

トンボイが気になって別府で試乗したら、一発で気に入ったらしい。

お連れさんのKさんと4人で、一路宇土駅に向かう。

そこには、今回のBoat CLUB記者「コンちゃん」が来る予定。

少し待ち時間があり、車を止めて待っていると、タクシーのおっさんが窓を開けて声をかけてきた。

「こんな所に車を止めるんじゃねぇ」と怒鳴られるのかと思ったら、「こんな船最近よく見るけど、どうやって降ろすの?」と興味津々で聞いてきた。

なんだよ、ただの釣り好きのおっさんかよ・・・・と思いつつも笑顔で対応する、小心者のオレ・・・・

そんなこんなで、やっと全員がそろい、ロケ現場天草へ出発!

車の中では、社長とコンちゃんが撮影の打ち合わせ&取材。

コンちゃんは「Boat CLUB」 「SMALL BOAT」 「Lure magazine Salt」等に執筆中のフリーライターだそうな・・・・

エライまじめそうな人やなー・・・仕事しに来とるんだし、あまり変なこと言わんとこう・・・・悪く書かれたらかなわんしなー・・・・
(ところがその後、おもろいヤツだということが判明)

宇土市三角西港で撮影開始。
SANY0507.jpg

次は天草五橋を走るトンボイ。
そして、コンビニに駐車する2台のトレーラブルの前で会話するシーンの撮影。
次々と注文が・・・オイラまで写るのか?聞いてないぞ・・・・

と言いながらも、言われたとおりにそれらしいポーズを決める・・・・なーんか楽しくなってきたばい。
まぁどうせ使われないだろうけど・・・

天草に到着、スロープ近くでハンマーと比較写真。バックには真っ青な海だ。
SANY0519.jpg

今日は天気が良くて良かったなー。べた凪だよ。昨日までは強風だったんだけど。
SANY0516.jpg

そして、いよいよ走行シーン。
慣らし運転がやっと終わり、初めて全開走行するtomyさん。
気持ちよさそうー(≧∇≦)  動画にまとめてみました。BGM付き。

シュガーレイマリン123tomboyの走行シーン! FC2 VPS 仮想専用サーバ
いやートンボイかっちょいいですねー

走行シーンが終わったら、今度は釣りをしているシーンを撮りたいそうな。

「ここで、ホントに魚釣ってもらうと、すごく助かるんですけど・・・真鯛だったら言うこと無いですねー」

おおーコンちゃん言ってくれるねー・・・・よっしゃー釣ったろうやないけー・・・・

・・・・って釣れるわけないやん!

ポイントを変えて鯛ラバ巻き巻きしたけど、はっきりしたアタリ無し。tomyさんはアタリがあったらしいけど、乗らず。

帰りには全開走行するトンボイを激写!

ハンマーには3人乗ってたんだけど、トンボイ激速っ!  追いつかん!
SANY0537.jpg
30馬力だろ?しかも、スプレーが横に飛んでるから、全然ぬれない。

ハンマーは後ろに座っていてもスプレーがかからないようにバウボトムを創意工夫している・・・
さらにトンボイは一番前にコクピットをもってくることによって、釣り座スペースを確保し、なおかつハンマーのハル形状をさらに進化させ「スピード」と「燃費」と「乗り心地」すべてを兼ね備えた、ドリームハルライトじゃ!とU社長は熱弁する。

動画を見ても解ると思うけど、バウンドがすごくなめらか。パイロットは全く怖くない。

ハンマーも、トンボイも良い船だね。

撮影も終わり、5人で打ち上げ。
熊本市内の穴場的な居酒屋で、馬刺しフルコース。

普段あまり飲まないという社長&コンちゃんも、グィーッと生ビールを飲み干し、続いて熊本の米焼酎を注文。

ボートの話になると、2人の熱弁バトルが始まる・・・
tomyさんはそれを聞きながらニコニコとおいしそうに酒を飲む。
Kさんは、tomyさんと一緒に行った、トンボイ初釣行の時にゲットした80?近い真鯛の写真を自慢げに見せる。

酒が進むと、コンちゃんがぶっ壊れてきた。たまにオイラがボケると、鋭いつっこみが・・・・

社長はゲラゲラ笑っている。

オイラは帰りも車だから、最後までウーロン茶・・・・
シメは、熊本ラーメン老舗の「こだいこ」でこってりラーメン。

まぁ貴重な体験も出来たし、正直楽しかった。

ボートクラブができあがるのが楽しみだ。


人気ブログランキングへ

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

copyright © 2005 BoatSeabass日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。